「お茶のうつわ」

[ 写真をクリックされれば、拡大してご覧になれます。]

染錦・松竹梅絵の蓋付茶碗は、酒器のページ に、 同柄の酒器と共に掲載しています。










[梅紋の急須と湯飲み茶碗]

さりげない優しさを感じて、心安らぐ形状と絵柄です。この梅紋は、
昭和40年にデザインされたそうですが、今でも女性に人気がある
うつわで、多くのやきものの本に、この記事が掲載されています。
源右衛門窯・窯元で、家内が見つけて気に入り、購入致しました。
[9A-1,9B-1=1977.11]

梅の一番の思い出は、 太宰府天満宮の梅の花 です。四半世紀前
の3月初め、梅の花を愛でる人と、境内の梅の品種の多さに感動
しながら、夫婦共々、花の美しさと香りを楽しみました。参道のお
店で戴いた、梅ヶ枝餅や甘酒の素朴な甘味が、今、妙に懐かしい。




[朱濃鳥花絵の茶器]

急須の全表面と湯呑の側面に、名窯の渋い染付で古伊万里風の鳥花絵
が活き活きと趣深く描かれて、丁寧な朱濃みの効果で凛と輝いています。
急須の最大径は 11cmとやや大振りですが、湯呑の口径は 6.5cmで
す。両方とも、ネットオークションで落札致しました。湯呑に合わせて、後
から求めた急須は、苦戦を強いられましたが、辛うじて入手出来ました。
[9A-9 & 9B-41=2011.12 & 2012.5]




[菱唐花紋の茶器]

落着きのある色調で美麗な菱唐花が、丁寧に描かれている急須と湯呑
です。丸っこい形状で、取っ手まで一体化された急須の造形美に、心底
魅了されます。飲み口周辺が緩やかな曲率の湯呑も、優美な手毬を思
い起こすような作風で、豊かなティータイムを演出してくれます。取っ手
を含んだ急須の高さは 約14cm、湯呑の口径は 9.5cmです。現在で
は あまり見られないせいか、ネットオ−クションでは人気が集まり、厳し
い競合いとなりました。何とか凌いで落札して、やっと蒐集出来ました。
[6A-12 & 9B-19=2006.7,2013.9]




[牡丹唐草紋の急須、他]

取っ手と注ぎ口を除き 全面に、優雅な染付濃・牡丹唐草が、緻密に
描かれた急須です。本体の外形:12cm、抓みを除いた高さ:8cm
で、丸みのある どっしりと安定した形状は、とても使い易くて、食事
やお茶の時間が裕福感で満たされます。 湯呑は、口径6cm、高さ
6cmの 丸っこい形状で、松・竹・梅絵が趣き深く描かれています。
両方とも、ネット オークションを通して、コレクションに加えました。
[9A-6 & 9B-30=2008.8 & 2009.2]




[梅鳥文の急須と灰皿]

1つのうつわに、染付と赤絵の 白抜きで、梅・鳥が 描き込まれて
いて、シンプルな 絵柄にもかかわらず、上品な美しさに 魅了され
ます。源右衛門窯 ホームページ事務局に 問い合わせて、「昭和
45年頃、ごく少量 キット販売された うつわである」 と、教えて戴
きました。インターネット オークションで落札し、入手出来ました。
-----------------------------------------------
左側の細長い湯呑み(口径:6.5cm,高さ:9cm)は、後日、ネット
オ-クションに出品され辛うじて落札出来た、家内の愛用品です。
[9A-3,10A-3 & 9B-21=2001.4 & 2006.9]




[赤濃草花紋の宝瓶揃え]

宝瓶の蓋と側面及び茶碗の側面には、何の躊躇いも無い闊達な筆捌
きで、牡丹と思われる 染付けの草花紋が描かれています。うつわ全
体が 朱濃みで埋められて、温か味があって美しい宝瓶揃えは、食卓
に安らぎを与えてくれることは勿論ですが、飾り棚にあっても 一幅の
絵画を見るような心地がします。宝瓶の大きさは、注ぎ口を含む 差渡
寸法が 11cm、高さは摘みを含めて 9.5cmです。注ぎ口には、精
細な櫛状のスリットが設けられていて、お茶殻が注がれないように 工
夫されています。過酷なインタ-ネット オ-クションで落札出来ました。
[9A-4,9B-14=2005.7]




[古い湯冷ましと湯呑み]

左は、長手口径 9.3cm,高さ 6cm の煎茶湯冷ましです。古染め風
に騎馬人物、唐子、松や風景が、闊達な筆捌きで丁寧に画かれてい
ます。造形は日本の茶道具、絵は明時代の青花を彷彿させて、興味
深い。福岡の骨董市で、他の茶道具と一緒に見出されて、インタ−ネ
ット オ−クションに出品されました。図柄、銘、染付けの発色の様子
から、1960年代前半の古い作品の様に思えます。この紋様の茶器
一式が揃っていたら..... と想像するだけでも、楽しくなるうつわです。
----------------------------------------------
中は、直径7cm,高さ7.5cmの木賊紋の湯呑みです。金継ぎされて
いましたが、清楚で美しい染付けの木賊紋に魅了されて、ネットオ−
クションで 落札しました。木賊の素朴さや源右衛門銘の書体の様子
から、1960年代後半の製品と思います。口縁の錆釉も生き生きとし
て、全体を引き締めています。手に取ると、修理してまでも永く愛用さ
れて居られた、今までの保有者のお気持ちが、良く伝わってきます。
----------------------------------------------
右は、青花・山水人物絵が丁寧に描かれている、薄い生地の煎茶々
碗です。現品限りで ネットオ−クションに出品され、入手出来ました。
[9D-1,9B-13 & 9B-24=2003.12,2005.1 & 2007.3]




[マンダリン・桔梗絵の湯呑み]

何から何まで 遊び心に富んだ全高12cmもある大型の湯呑です。側
面には飛び鉋風に陰刻が施されていて、黒味がかった染付けで桔梗
絵が大らかに描かれています。口辺は 丸味帯びた三角形で、その一
辺に茶碗の中を覗き込むような人形が取り付けられています。磁胎も
落ち着いた淡褐色に仕上げられていて、とても優雅です。お茶の時間
を一層楽しく演出してくれる器です。ネットオ-クションで入手しました。
[9B-32=2009.12]

この人形は、中国の清朝の官吏(マンダリン)をデザインしたものと言
われている。源右衛門窯と業務提携されたハンガリーの名窯・ヘレン
ド窯が、17世紀から18世紀にかけて、ヨーロッパの王侯貴族を虜に
した東洋の磁器をモチーフにして、マンダリンを用いた器を 盛んに発
表( http://www.bali-bali.biz/herend/herend23_2.html )している......。




[3つの花絵の湯呑み]

それぞれに、薊、梅、撫子の花をモチーフにした、優美な3つの湯呑
みです。中央の湯呑みは、梅小紋の周りに 活気ある緑青色丸紋と
黄色釉濃を配した現代的な図柄です。直径・高さ共6.5cmの大き
さで両掌にすっぽり収まります。内面には 淡い染めで渦紋が描か
れています。左右の湯呑みは、胴部が括れた口径・高さ共8cmの
大きさで手に伝わる質感が素晴らしい。左は、渋くて落ち着いた配
色で、薊が丁寧に描かれています。右は、とても艶やかな色調で、
撫子が描かれていて、女性好みのうつわです。全て、多くの方々が
参加して沸騰した ネットオ−クションで落札して、入手致しました。
[9B-38,9B-39 & 9B-40=2011.8 & 9 ]




[青緑彩草花絵の湯呑み]

本体の外径が 約8cmの蓋付きの湯飲み茶碗です。両側の茶碗は、
全面に目一杯、青彩菊繪が美しく描き込まれています。中央の茶碗
も、全面に木目細かく緑彩唐草が描き込まれています。蓋の摘みの
周辺と高台の周りに朱濃みが施され、本体の上縁と蓋の周辺には、
ぐるりと染付けで繋ぎ紋が描かれています。落ち着きのある上質な
華やかさを備えていて、真に気品があるうつわです。どちらも インタ
-ネットオ-クションで 多くの方々と競って落札し、入手出来ました。
[9B-4 & 9B-17=2000.11 & 2005.10 ]




[2つの美しい大振りな湯呑]

右は、華麗な染錦・藤図の蓋付湯呑です。上質な漆器蓋を含めた高さ
は12cm、外径が8.5cmです。この藤絵は、名窯の代表的な紋様だ
けに、とても落ち着いた構図に優美な彩色が施されていて、周囲がパ
〜と 明るくなります。念入りな蓋の漆掛けが、このうつわの気品を高
めています。左は、重厚で品格ある染錦・古代花鳥絵の湯呑で、外径
:8.5cm、高さ:9cmの大振りな触感が素晴らしい。両方ともゆった
りとお茶を楽しむのに 相応しい名器であると思います。それだけに、
ネットオークションでは人気が沸騰して、応札者が大勢参加されて、
ハンマータイムは大幅に延長して、やっとの思いで落札出来ました。
[9B-42 & 9B-45=2012.5 & 2013.5]




[花唐草紋の蓋付き茶碗]

本体の外径と高さとも、上の青彩菊繪の湯飲み茶碗より少々大きく、
本体と蓋の表面全体に上品な紅と緑彩を用いて、花唐草が描かれて
います。形の優美さに相俟って、手に持つと心地よい質感と手触りの
良さに、心が和みます。熾烈なオ-クションで 何とか入手出来ました。
[9B-12=2004.12]




[濃みが映える2つの湯呑み]

菊絵、花唐草を染付けで精緻に描き込んで、それらの周囲を黄色釉
と緑彩釉で、丁寧に濃み付けした2つの美しい湯呑です。菊絵の湯
呑は、形状も和風(口径7cm、高さ8cm)にして、黄色濃もパステル
調である。 花唐草の湯呑は、下膨れ(最大径7cm、高さ9cm)で、
中央の無地横断線が紋様を引き締めていて、エスニックな雰囲気が
あって好ましい。共に、鎬を削るネットオークションで 落札しました。
[9B-20,9B-31=2006.8,2009.7]




[3つの個性的な湯飲み茶碗]

左の湯呑みは、幾何模様に編んだ、中国伝来の伝統的な吉祥紋であ
る七宝紋が、規則正しく展開しています。右の湯呑みは、赤濃みを背
景に、青絵釉の草花が、奔放で勢いがある運筆で 描かれています。
中央の湯呑みは、深みのある染付濃みが、可愛らしい朱濃みの帯梅
小紋に縁取られていて、雅趣があります。 何れも、源右衛門窯の代
表的な3つの紋様ですが、三者三様の筆運びの妙を感じて興味深く、
お茶が楽しい。 何れも、インタ−ネットオ−クションで 落札しました。
[9B-7,8,11=2002.8,2003.6]




[染金彩花紋の湯飲み茶碗]

稚拙な写真のため、金彩で彩られた花蕊(かずい)が見えないのが、
真に残念です。濁し手を思わせる落ち着いた磁胎の表面には、奥ゆ
かしい優しさをもった金彩花紋が、染付け濃みで 淡く丁寧に描かれ
ています。清楚な絵模様と相俟って、手頃な大きさ(口径、高さとも
約7cm)と、安定感のある造形も素晴らしく、夏季の お客さま用湯
呑みとして活用しています。インタ-ネット オ-クションで、ご出品者
の名文による魅惑的な説明も、蒐集する動機の一因となりました。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
[9B-18=2006.1]




[古伊万里写しの茶器]

古びた共箱の名称は、「古伊万里写 茶器」です。丁寧におが屑でパ
ッキングされていたことからしても、1960年代の作品と想定してい
ます。口径は 7.7cm、高さが 7.2cmの、やや大振りな均整の取
れた、5個組の湯呑です。側面には、ユーモラスで愛らしい鳳凰を中
心にして、草木が色彩豊かに美しく大らかに描かれています。手描き
だけに、個々に表情が相違しているのも、楽しい作風です。多くの応
札者で賑わった厳しいネットオ−クションで、何とか入手出来ました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                
[9B-37=2011.6]




[水鳥繪の夫婦湯飲み茶碗]

染錦による水鳥の繪が、メルヘンの世界を彷彿させます。水鳥がゆっ
たりと漂う水面は、源右衛門手染付け濃みで表現されているようにも
思えて、豊かな心地になる、夫婦湯飲み茶碗です。高台が無く、底面
の隅々まで絵柄が描き込まれている、丸っこい形状も個性的で、大き
な魅力です。インタ−ネットオ−クションで落札して、入手致しました。
大きさ大/小は、高さ:約 85/80mm、最大径:約 80/75mm です。
[9B-9=2002.12]




[祥瑞丸紋の湯飲み茶碗]

最大外径,高さとも 約 9cmで、丸っこくて 大振りな湯呑み茶碗です。
厚手の生地を 丹念に叩き上げて、両手にしっくり馴染む形状に 成形さ
れていて、手に取ると、つい 慈しむ、穏やかな心地に なります。また、
染付けで、窓絵に文人、全側面に吉祥文字や騎馬の祥瑞丸紋と、色々
な紋様が、目一杯 描き込まれていて、造り手の 強い意気込みを感じ、
本当に心を打たれます。インタ−ネットオ−クションで 入手出来ました。
[9B-5=2002.2]

共箱に書かれている正式名称は、「祥瑞 俵形湯呑」です。




[染濃兜唐草紋の茶呑]

最大外径 7.8cm、全高 13.2cm、一見 ビールカップに見える、茶漉
し器を組込んだ、蓋や取っ手付きの茶呑です。事実、ビ−ルカップに使
いたいと思って、早い者勝ちのネットオークションに応札して入手しまし
た。蓋や本体には、小生が好む染濃兜唐草紋が、丁寧に絵付けされて
いて、心底魅了されます。茶漉し器には、周囲四方と底面に 小穴が施
されていて、やや青味を帯びた白磁が とても清潔感に富んでいます。
[9B-62=2016.7]

共箱に書かれている正式名称は、「染付 兜唐草茶呑」です。




[2つの錦絵の湯呑]

肥前(有田、伊万里、唐津)の陶磁器を代表する5名工の湯呑揃い
の内の、源右衛門さんと 今右衛門さんの錦絵の湯呑です。古伊万
里と色鍋島の特徴が良く表現されていて、この2つだけが欲しいと
思っていましたが、幸いにして、ネットオ−クションで 求めることが
出来ました。残る3つは 柿右衛門さん・太郎右衛門さん・忠右衛門
さんの湯呑です。絵柄はもちろん外形もそれぞれですが、同じ形の
桐の共箱を用いています。因みに 左の湯呑は、口径67mm、高さ
95mmです。肥前三右衛門さんは、いずれも13代の作品です。
[9B-16=2005.9]




[染錦 緑彩唐草紋の茶壷]

小生が好む緑彩唐草紋が、蓋・本体側面に目いっぱい美しく描かれ
ている茶壷です。高さ18cm、最大径11cm、均整がよく取れた優
雅な形状に、心底魅了されます。実用面でも嵌合部は、錫環で構成
されていて、同材の中蓋も設けられているので、防湿機能は抜群で
す。昔の茶入れは どの様に防湿したのか、改めて考えてしまいま
す。厳しかったネットオ−クションで落札出来なかったのですが、出
品された方と 一番札を得た方との商談が不調になって、二番札で
あった小生に お鉢が回ってきて、不思議な因縁に驚いています。
また、この作品は、文献1 に 図版-43として 掲載さ れています。

右の小壺(高さ:10cm、最大径:8cm)も、時間延長のネットオ−
クションで入手しましたが、凛とした絵付けと形状に魅了されます。
[4U-1 & 4U-3=2010.2,2014.11]

添付されていた説明書きによれば、この格調高い磁器と錫環の
コンビネーションは、日本の誇る錫工芸界において高度の伝統
技術を保持されている、江戸中期・正徳四年創業の大阪の老舗
「錫半」 さんの全面的なご協力によって、成し得たとのことです。




[緑彩葡萄図の茶器]

偶然にも、厳しいネットオークションの応酬を凌いで、何とか蒐集出来た、
全面に緑彩葡萄図が描かれている、沈香壷型茶入と煎茶用湯呑です。
茶壷は、全高15cm、胴径11cmの大きさで、バランスの取れた形状が
美しく、葡萄の絵柄はもちろんのこと、肩&底部の唐草繋ぎ紋も好ましい。
防湿用の中蓋にも 葡萄絵が描かれていて、小粋な遊び心が 垣間見れ
ます。煎茶用湯呑も 名窯の美意識が生かされていて、魅了されます。
[4U-2 & 9B-36=2011.3 & 2011.6]




[染付濃み 章魚唐草紋の棗]

名窯の染付濃み章魚唐草の紋様と鼠李(くろうめもどき)科の木の
実に由来する美しい形状にのみ惹かれて、厳しいネットオークショ
ンで競って入手しましたが、茶道には門外漢で抹茶も嗜まない小
生だけに、如何に使うか未だ決まっていません。古伊万里磁器の
柴田コレクションには茶入れは有りますが、元来木製が主流の棗
は有りません。茶入れも蓋の有無が不明で、有ったとしても防湿
は出来ないでしょう。その点、この棗の嵌合部分は錫環で構成さ
れているため、気密性が極めて高い造りです。茶道に於ける、磁
器製の棗の存在はとても興味深いのですが、参考文献は極めて
少ないようです。因みに、最大外径は7cm、高さが7.5cmです。
[4N-1=2007.12]

現在では濃茶を入れる陶器製の茶入(濃茶器)に対して、薄茶を
入れる塗物の器を薄茶器(薄器)と呼ぶが、棗が この薄茶器の
総称として用いられてしまう場合も多い(ウィキペディアによる)。




[紺朱唐草濃みの抹茶々碗]

両方とも、口径が12cm,高さ7cm の抹茶々碗で、内外全面に濃み
による唐草が、心を込めて緻密に描き込まれています。右の赤絵濃み
の抹茶々碗は、文献1に作品35として、掲載されています。左の染付
けの抹茶々碗を夏季用にして、ペアで欲しいと思っていましたが、イン
タ−ネット オ−クションの高いハ−ドルを越えて、やっと入手出来て、
長年の願いが叶いました。手書きの限界を超えた染付けと赤絵の唐草
濃み絵は、優美な形状と合わせて、心底から惚れ惚れする美しさです。
[9C-1,9C-3=2001.12,2004.8]

抹茶々碗と言えば、源右衛門窯のやきものを大変愛好された、会社の
産業医の奥様が、好みの抹茶々碗に心を込めて点てて下さった抹茶
と色彩豊かな茶菓子が、四半世紀経った今でも鮮明に蘇ってきます。




[染錦 石榴繪の抹茶々碗]

口径15.4cm,高さ5.8cmの抹茶々碗です。力強く轆轤目を残した
温もりのある磁肌に、外周の三方と見込みに描かれた、安産や子孫繁
栄を象徴する吉祥果の、柘榴の絵付けが美しい。一般に、侘び寂びを
重んずる茶の湯には、磁器は不向きと言われているようですが、風流
に全く無頓着な小生は、手に良く馴染むうつわの形状と、絵付けの美
しさに心を奪われて、闇雲にオークションに参加して、入手しました。
[9C-2=2002.11]




[染付 草花紋の抹茶々碗]

口径14.5cm、高さ5.5cmの小振りな抹茶々碗です。見込みには
牡丹の花、周囲には草絵と幾何紋が滑らかな筆捌きで描かれていま
す。銘は高台の外脇に源の一文字が彫られています。瀟洒な形状で
すが、上釉がダイナミックに掛けられていて、高台は素地が現れてい
ます。六代館林源右衛門さんが58歳のときに製作された作品です。
大勢の人が応札され、白熱したネットオ−クションで落札できました。
[9C-5=2007.5]




[染付 木賊紋の抹茶々碗]

口径:12cm、高さ:7cmの染付け木賊紋の抹茶々碗です。内外側
面に、第6代館林源右衛門さん直々の手による、伸びやかな筆捌
きで、美しく染付けの木賊が描かれています。草叢の配置と木賊
葉の表現で、磁器特有の冷たい肌合いを和らげて、茶に向かう気
持ちを穏やかする枯淡な風情に、魅了されます。何が何でも蒐集
したいと言う気持でネットオークションに加わり、入手出来ました。
高台の内には、滑らかに"源"の一文字が、筆書きされています。
[9C-4=2007.3]




[おまけのうつわ]

源右衛門窯・窯元へ 足繁く通ったご褒美?に、おまけ を戴きました。
呉須の精細な筆使いが心にくい湯飲み茶碗と、梅文のぐい呑みです。
何れも、頂いた時から 心おきなく愛用中で、愛着が 増すばかりです。
[6C-1,9B-2=1978.2,1988.7]