「灰皿のページ」

[ 写真をクリックされれば、拡大してご覧になれます。]

小生は煙草を嗜みませんが、食器とは別の趣きが
ある灰皿が、美しいが故に、何となく集まりました。





[獅子台付き花唐草紋の灰皿]

気品がある優雅な染付・花唐草が、全面に描かれていて、とても美
しい。しかも、台皿に配置された精緻な三頭の白磁獅子が、上皿を
支えている構成は、他に類を見ません。台皿の外径:19cm、上皿
の外径:13.5cm、高さ:10.5cmで、とても均整が取れた大きさ
です。共箱に使用されていたクッション材は 大鋸屑であったので、
恐らく 40年以上も前の作品と思われますが、名窯の制作意欲が
ひしひしと感じられます。ハンマ−タイムを大幅に超えたネットオ-
クションで、幸運にも落札して、ようやくの思いで蒐集出来ました。
[10A-19=2012.10]




[青彩菊繪の長方皿]

清潔な美しさとバランスが良く取れた美しい形で魅了される青彩菊
繪の長方形皿です。ペン皿?珍味口取り皿?などと、用途を深く考
えずに、源右衛門窯・窯元で購入しました。ずっと、飾り棚に置いて
楽しんできましたが、呑気なことに、後になって灰皿と知りました。
この紋様は、特に家内が好むことから、茶碗,方皿,蓋物やコ−ヒ
−カップなども入手致しましたので、別ページに掲載してあります。
[10A-1=1978.2]




[因の島絵の長方皿]

外形は、長さ24cm、幅9cm、高さ4cmで、上の青彩菊繪の長方皿
と同じです。真白な磁胎面をキャンバスにして、発色の良い染付の
滑らかな筆運びで、瀬戸内海の因の島が、美しく描かれています。
前の保有者の説明では、昭和40年代の作品とのことでしたが、絵
の様子(西瀬戸自動車道の着工前?)や、おが屑のパッキングか
らも肯けます。早い者勝ちのネットオ−クションで蒐集致しました。
[10A-28=2017.6]




[染錦・魚紋の円形灰皿]

染錦で かさご(江戸時代には、勇ましい姿が武家に好まれ、端午
の節句に飾られた。深釣りも楽しめて、和洋の料理に適し美味。)
と、はっかく(昔は、”魔除”として玄関先などに飾ったりしたそうで
す。現在は滅多に獲れず、珍魚となり高級魚。)と思われる魚が美
しく描かれた、最長径が16cm、高さ3.2cmの灰皿です。小さな
作品にもかかわらず、躍動的な構図により存在感が大きく、心底
魅了されます。ネットオークションで落札して、蒐集 出来ました。
[10A-17=2008.6]




[染錦・丸紋の円形灰皿]

古伊万里でも多用された、吉祥幾何紋を代表する丸紋が、落ち着い
た色合いで、外周に趣深く描かれています。きっちり嵌合する平蓋
の表面は染付濃みが美しい。灰皿の出番が全く無い我が家では、
外形:11cm、高さ:7cmの ぽってりした可愛らしい形状に目をつけ
て、甘味料スティック立てに活用しています。このうつわも、多数の
応札者で鎬ぎを削った ネットオークションで、何とか入手しました。
[10A-14=2006.10]




[野菜図と梅鳥紋の灰皿]

特徴ある形状が対照的な二つの灰皿です。左側のお皿は、深さが
大きく、梅鳥の図柄と相俟って、和の美しさに魅了されます。右側の
お皿は、鍔部を大きく構成して、流暢な筆捌きで色々な野菜図が、
染付けで描かれていて、一服つけた時の楽しみが倍加しそうです。
どちらもインターネット オークションで落札して、入手出来ました。
[10A-2,10A-3=2000.11,2001.4]



[2つの萬歴風龍繪の灰皿]

迫力ある龍が、染錦で萬歴風に見事に描かれている、2つの角形
の灰皿です。左の作品は、見込みの緑龍と表面(長さ:24cm、幅
:9cm)に配置された 雅味ある花柄と相俟って、目映いばかりの
白磁の美しさに、名窯の技術の高さを、窺い知ることが出来ます。
右の作品は、赤龍と青龍が 表面と側面に花唐草に囲まれて対称
的に配置されている構図が好ましい。大きさは、下記の古染風・
藤絵の方形灰皿と同じ方形です。何れも ネットオークションで辛
うじて落札して蒐集出来ましたが、これらの美しいお皿を、煙草
の灰とヤニで、汚してしまうことなど、どうしても考えられません。
[10A-4 & 20=2002.1 & 2013.3]




[色入山水絵の灰皿]

見込みと両側面に、闊達な筆捌きで 色入山水絵が描かれている、
灰皿です。色絵のみならず、長径が 9.5cmの楕円形の造形も、枯
淡な気品を備えています。上縁の錆釉が、全体の美しさを引き締め
ていて、底面には 「源」の一文字が、力強く刻まれています。喫煙
しない小生ですが、見事な出来映えの作品に魅了され、インタ-ネ
ット オ-クションに応札して、落札致しました。前の持主は、8年程
前に 佐賀県の骨董市で、超稀品として、購入されたとのことです。
[10A-5=2003.12]



[青磁・木ノ葉紋の灰皿]

源右衛門窯 ONLINE SHOP の家庭食器の変遷によれば、この紋様は
昭和46年に始まったニュ−ヨ−ク・ティファニ-社との共同開発で造ら
れ、当初は「Tiffany 源」のブランド名で発売された後、同50年に「洋食
   器 カトラリ−」として発表されました。由緒ある優美な紋様と、江戸時代中
〜後期の古伊万里に見られる伝統技法を復元した青磁が、14.5cm
外径の小粋な灰皿に忠実に再現されていて好ましい。煙草には 全く
無縁な拙宅ですが、身近に置いて観賞用として活用しています。幸い
にもネットオ−クションで、掘り出し価格で落札して、蒐集出来ました。
[10A-21=2013.8]




[古染風・藤絵の方形灰皿]

大きさは、両辺とも 13cm、高さ 5cm、開口部が7cm角です。
自由奔放に、しかも端正な画風で古染風の藤が描かれている灰
皿です。仄かに青味を帯びた白磁の面は、しっとりと落ち着いて
好ましく、気品を高めています。煙草を嗜まない拙宅では、香皿
に活用してます。ネットオークションで、何とか落札出来ました。
[10A-11=2006.4]



[染付け山水・祥瑞の角灰皿]

形状並びに大きさは、上記の角形灰皿と同一です。上面は、趣き
深い山水絵と心安らぐ祥瑞絵が、対角線で二分された 独特な絵
模様になっていて、側面は渋い染濃みで覆われています。一服点
けた時に、豊かな休憩時間に成りそうです。この角灰皿も、ネット
オ−クションで 幸運にも落札出来て、コレクションに 加えました。
[10A-13=2006.9]



[染錦・鉄線花絵の角灰皿]

13.8mm角の前面に、源右衛門手染付濃みを背景に鉄線花の絵
が、しっとりと優雅に描かれている角灰皿です。高さは4.5cm、皿
部の外径は7cm角で、洒落た構成や底部の鋸歯状紋も好ましい。
この鉄線花のデザインは、昭和50年に宮内庁に納められれた、大
壺<染錦鉄線花>の文様がベースになっています。拙宅では、誰も
煙草を嗜みませんが、この精緻で美しい紋様に魅せられて、ネット
オ−クションで入手しました。和室の飾り皿として活用しています。
[10A-18=2011.6]

大壺<染錦鉄線花>は、文献1文献3、 並びに源右衛門窯の
公式サイトの 住まいのやきもの の中に、掲載されています。




[緑彩唐草の灰皿]

きめ細かく丁寧に、染付けで描かれた花唐草と緑彩濃みのアレン
ジは、他窯より抜きん出た、独特の美しい紋様だと思います。それ
が外側面と見込みに描かれている、優美な形状の灰皿です。大き
さは、口径が9cm、高さが3cmで小振りですが、とても上品です。
インタ−ネット オ−クションに出品されて、煙草を嗜まないのに、
つい応札して、入手致しました。別にネット オ−クションで求めた
同じ繪柄の栓抜きと共に並べて、身近に飾って楽しんでいます。
[10A-7,4C-5=2005.3,2004.11]



[染付・古伊万里風草紋の灰皿]

輪花のフランジの最大径は 22cmもあって、高さが 4.5cmの頑強
な灰皿です。フランジの表面に、しなやかな筆捌きで描かれている
古伊万里風草紋がとても優美で、気品に満ちています。 灰受け皿
の内外側面には、丁寧に染濃みが施されていて、細部への心配り
を感じます。 これもネットオ−クションに応札して、蒐集出来ました。
[10A-23=2015.10]




[染付濃・唐草紋の灰皿]

フランジの外径が 21.5cm、高さが 6.5cm、大き目な円形灰皿
です。重厚感に富んだ美しい形状のフランジ、見込み、外側面に
は、手描きの極限を思わせる秀麗な染付濃・唐草紋が、濃密に
描かれていて好ましい。禁煙ブームの影響か、ネットオークション
でも競合者が現れず、初期設定価格で入手出来て幸運でした。
[10A-22=2015.4]

後日、文献3 - P.86 に、掲載されていることを知りました。



[染付濃・章魚唐草紋の喫煙具]

気持ちが静まるような源右衛門ブルーに、心底魅了されます。
極致の筆捌きで描かれた、緻密で白藍反転の章魚唐草紋が眩
いばかりです。灰皿の構造は、上記の染付濃・唐草紋の灰皿
と同じで、どっしりとした安定感が素晴らしい。ライターの外径
と火打ち金具を含めた高さは、共に 約8.5cmで、球体の質
感に胸がときめきます。白熱した ネットオークションを 想定し
ていましたが、コンペチタ−が現れず 幸運でした。喫煙しなく
ても、和室・洋室を問わず、インテリアチャームに 好適です。
[10A-26 & 4I-2 = 2017,2]



[染錦・唐人絵の煙具]

共箱には、筆書きで 「煙具」 と記載されていましたので、受皿付
きのシガレット入れなのでしょうか? 用途が はっきりしないまま、
ネットオ−クションに応札して蒐集出来ました。萬歴風の唐人絵
が、本体にも 受皿にも 趣き深く描かれていて、好ましい。 本体
は、口径;6m、高さ;8mで、高台がある受皿の外径は、13cm
です。禁煙ブームで需要減退のためか、掘り出し物価格でした。
[10B-2=2013.9]



[七宝文の煙草盆セット]

紺朱緑茜で彩られた七宝文が、真に美しい灰皿と卓上ライターです。
灰皿の形状は、上記の緑彩唐草の灰皿と同一です。ライターの外径
は5cm、高さが7.5cmで、金色のカバーと胴体の七宝文との配色
の素晴らしさと相俟って、どっしりとした質感と火打石を叩く感触が、
とても心地良い。源右衛門さんのエネルギッシュな創作意欲を、強く
感ずる作品ですが、煙草を嗜まない拙宅では、上質な漆仕上げの箱
盆を生かして、和室のアクセサリーとして利用するだけで、申し訳な
い気持ちです。インタ-ネット オ-クションで、何とか落札出来ました。
[4I-1,10A-8=2005.6]