「共箱/垂涎の一品」 

[ 写真をクリックされれば、拡大してご覧になれます。]





[共箱の代表例]

源右衛門窯のやきものは、桐などの木箱に丁寧に梱包されていて、

いつも 感心させられます。蓋の表面には、製品の様式・品名・銘が、

毛筆で滑らかに書かれていて、伝統的な深い味わいがあります。写

真の中で、一番大きいお皿の共箱の大きさ(縦・横・高さ)は、33cm

/33cm/11cm、一番小さなぐい呑の共箱の大きさは、8cm/8cm

/7cm です。 組製品の共箱は、小皿,湯飲み茶碗,蕎麦猪口,酒

器などです。平紐が掛けられた、香炉や抹茶々碗の共箱もあります。
[12A-1〜19]


共箱の脇に座っているのは、我が家の愛犬マリ−(マルチーズ♀1才時)

です。マリ−に関しては、
[ 愛犬マリー ]をクリックしてみて下さい。


六代館林源右衛門さんも、犬が大変お好きだったようで、[ 文献1 ]

にも、愛犬と戯れておられる微笑ましい写真が、掲載されています。








[垂涎の一品 その65][改訂]

目の前を掠めていった源右衛門窯のやきもので、喉から手が出る

くらいの垂涎の一品や憧れの一品を、不定期に掲載しています。

--------------------------------------------

今回は、とっても愛嬌があって可愛い、フクロウの置物です。

フクロウは、さまざまな理由(* 脚注参照)により、古来から

国内外で縁起物として、非常に人気があるようですが、とっ

ても温か味のある磁器作品に仕上げている点に、すごく共

感を覚えます。表情には目力があって、暖系色のボディー

に淡い染の胸部は、ジ−ンズのオ−バ−オ−ルを着用し

ているようで微笑ましい。幹は濃い染で力強く、突端の枝

葉は黄釉&緑彩で美しく、基盤は真っ黒い銘木製で しっ

かりと全体を引き締めていて、とても魅力的で好ましい。
[P065=2017.12]



* 脚注

「不苦労」/「福龍」/「福来」/「福老」/「福来朗」/「ぐるり

と首が回る」------>「商売繁盛」や「招福」の縁起物。

「知恵の女神の遣い(神話)」/「暗闇の中でもよく目が

 見える」------>人間を悪霊などから守る霊力を持つ。